株式会社 大和真空 CSR(企業の社会的責任)行動規範

経営理念

日々のこと 自分のため 人のため そして社会のため 物造りの心を大切に 和の心をもって 一致協力し 日々これに励む

行動規範

株式会社 大和真空の基本的使命、社会的存在意義を常に認識し、プラスチック真空成形業を通じて社会の一員としての責務を果たし、誠実な活動を展開することで、会社としての価値を持続的に向上させ、社会の持続的な発展に貢献します。その基盤はお客さまをはじめ、株主・投資家の皆さま、地域社会、お取引先さま、社員、そのほか多くの方々からの信頼であると考えます。

これらを十分認識し、以下の行動規範に基づき、すべての役員・社員がCSRの取り組みを推進し、社会から信頼される企業となることを目指します。

@人権・労働

基本的人権を尊重し、いかなる差別も行わず、人権が真に尊重される社会の実現に向け努力します。職場は社会を構成する大きな要素であることを認識し、雇用を確保・維持することと職場の社会性を高め、社員の仕事と生活の両面の充実を目指します。

A安全衛生

労働環境における安全衛生の整備はもちろん、社員のメンタルヘルス面にも気を配り、快適な職場環境の構築を目指します。

B環境

環境保全活動に積極的に取り組み、廃棄物の削減など環境経営を推進し、持続的発展が可能な社会を実現します。

C公正取引・倫理

法令等は遵守し、政治・行政との健全かつ正常な関係を保ち、不正行為を予防する活動を行い風通しの良い企業を作ります。

D品質・安全性

品質マネジメントシステム(ISOなど)の構築・運用を目指します。

E情報セキュリティ

コンピューター・ネットワーク上の脅威(コンピューターウイルス、スパイウェアなど)、個人情報の漏洩、顧客情報の漏洩には最大の注意を払い、情報流出は絶対にしません。

F社会貢献

地域に根差した企業として、様々な事業活動を通じて地域社会の発展に貢献します。
エコキャップ推進協会
大和真空では、月に一回、近隣の公園の清掃を従業員一同でおこなっています。また、ペットボトルのキャップを回収し、エコキャップ推進運動に寄付しています。(エコキャップ推進協会

以上

平成21年10月7日
株式会社 大和真空 
代表取締役 西口正幸