COMPANY

会社情報

真空成形クリーンルーム
真空成形クリーンルーム
真空成形クリーンルーム
真空成形クリーンルーム

COMPANY

代表あいさつ

自分のため ひとのため そして社会のため もの造りの心を大切に
和の心をもって一致協力し 日々これに励む

大和真空は1971年の創業以来、この理念を胸に、ものづくり一筋に歩んで参りました。

刻々と変化する社会のニーズに対応しながら、 お客様に支えられ、共に成長させていただいております。

2021年、大和真空は創業50周年を迎えます。

次なる50年に向け、大和真空はこれからも「お客様の一員」として、日々精進して参ります。

代表取締役 西口佳弘

COMPANY 01

経営理念

『日々のこと』
自分のため人のため そして社会のため
物造りの心を大切に 和の心をもって一致協力し 日々これに励む

For us  For people For Society
With a Spirit of Manufacturing Respect the “WANOKOKORO” Try,,,and Try,,,

COMPANY 02

会社概要

会社名株式会社大和真空
創業1971年9月1日
設立1981年5月26日
代表者名西口佳弘
本社所在地大阪府門真市四宮三丁目1番37号
TEL072-882-2466
FAX072-885-3684
資本金40,000,000円
従業員45名

COMPANY 03

工場施設

  • 第一工場/金型工場:大阪府門真市四宮三丁目1番37号
  • 第二工場:大阪府門真市四宮六丁目5番29号

COMPANY 04

沿革

1971年9月
先代(西口正幸)により創業
1981年5月
法人設立 資本金5百万円
1983年2月
本社/第一工場設立(現在地)
1992年7月
第二工場(クリーンルーム)設立
1996年3月
増資 資本金1千万円
1998年2月
金型工場設立
2000年11月
第二工場移転(現在地)
2002年3月
ISO14001認証取得
2005年2月
増資 資本金4千万円
2006年2月
本社、第一工場と金型工場を統合
2013年6月
ISO9001認証取得
2015年10月
代表取締役 西口佳弘 就任

COMPANY 05

取得認証・登録証

ISO 9001 / ISO 14001 匠

COMPANY 06

社長の決意表明

  • 品質・環境マネジメントシステムの有効性に対し、積極的に係り、指示し、その状況説明責任を持つ。
  • 品質方針、環境方針、品質・環境目標の達成と組織の戦略的方向性が整合するようにマネジメントシステムを構築、実施運用、維持するよう管理する。
  • 品質・環境マネジメントシステムそれぞれの要求事項を当社の業務プロセス内に取り込む。
  • プロセスアプローチ、及びリスクに基づく考え方の利用を促進する。
  • 品質・環境マネジメントシステムに必要な資源を確保し、使用出来る体制をとる。
  • 成果の上がる品質・環境マネジメントシステムと、その要求事項への適合性を、会議体等を使って全従業員へ伝達する。
  • 品質方針、環境方針、目標、及びそれ以外の意図した成果を達成出来る体制をとる。
  • 品質・環境マネジメントシステムの成果が上がるよう、全員参加を呼びかけ、指導し、必要な支援を行う。
  • 内部監査、マネジメントレビュー、部門別活動計画による継続的改善を維持継続する。
  • 関連プロセスの管理層の役割、責任権限を明確にして、管理層にリーダーシップを実証する為に必要となる支援を行う。

2017年9月4日
株式会社大和真空
代表取締役 西口 佳弘

COMPANY 07

品質方針

責任と誇りを持ち、適正な品質の製品を提供し、お客様からの信頼を得る

品質目標

  • お客様のニーズを把握し、お客様の期待を超える製品実現を目指します。
  • 顧客要求事項に対する品質水準、及び関連される法規制を把握し、顧客満足が得られる高品質な製品提供に努めます。
  • 更なる品質の向上を目的とし、品質マネジメントシステムの継続的改善を実施します。
  • 品質方針を達成する為、品質目標を設定し、目標達成に向けこれを随時見直し、取組みを実施します。
  • 品質方針は全従業員に周知し、全員がこの品質方針に沿った活動を実施し、品質向上に向け貢献します。

2017年9月4日
株式会社大和真空
代表取締役 西口 佳弘

COMPANY 08

環境方針

当社はプラスチック熱成形品の製造業であり、「ものづくり」を通して環境保護に貢献します。

環境目標

  • 地球環境を考え、省資源・省エネルギー活動の推進を目指します。
    • プラスチック原料、及び電力の有効利用に努めます。
    • 廃棄物の削減により環境汚染の防止に努めます。
    • リサイクルにより石油資源の節約に努めます。
  • 地球環境にやさしい製品を世界中のお客様に提供する事に努めます。
  • 国、大阪府、門真市で定められる環境関連の法規、及び条例を遵守します。
  • 製品、及び材料の有害化学物質の管理は、各国の法規制、及びお客様の要求事項を遵守します。
  • 環境方針達成の為に、環境目的・目標を設定し、定期的に見渡す事により、継続的改善に努めます。
  • 環境方針は全従業員に周知し、全従業員が環境問題に対する認識を深め地域社会に貢献し、又、一般にも公開します。

2017年9月4日
株式会社大和真空
代表取締役 西口 佳弘

COMPANY 09

事業継続方針

株式会社大和真空(以下、「当社」といいます。)は、プラスチック製容器の製造及び販売を主な事業としており、これらの事業が中断した場合、当社サービスを利用されているお客様に多大な影響を及ぼし、お客様からの信頼を失うことが予想されることから、当社の事業を中断させる様々な脅威への対応として、この方針に基づく事業継続計画(以下、「BCP」といいます。)を策定し、社内外の環境変化に応じたBCPの見直しを継続的に行っていくことを宣言します。

1.事業中断の防止ならびに是正

当社は、優先して継続・復旧すべき事業を明確にし、目標復旧時間内に事業が復旧出来るよう、事業の中断に関するリスクを十分に認識及び分析し、必要かつ合理的な管理措置を講じ、緊急事態発生時の体制ならびに対応手順を事前に定めておくことにより、事業中断の防止を図ります。

また、事業継続に影響を及ぼす新たな脅威を察知した際には、遅滞なく是正処置を講じます。

なお、現時点での当社におけるBCPの適用範囲は次の通りとなります。

<BCPの適用範囲>
【組織】:株式会社大和真空の全従業員
【施設1】:本社・第一工場(住所:大阪府門真市四宮3丁目1番37号)
【施設2】:第二工場(住所:大阪府門真市四宮6丁目5番29号)
【事業】:プラスチック製容器の製造及び販売
【資産】:上記事業に関わる全従業者ならびに各種設備機器

2.事業継続に関する意識と組織対応能力の向上

当社は、BCPに関する教育ならびに演習を定期的に実施することにより、事業継続に関する意識と組織対応能力向上を図ります。

3.法令、国が定める指針その他の規範の順守

当社は、大阪府商工会連合会の「中小零細事業者用事業継続計画(BCP)策定ガイドライン」に則した事業継続計画(BCP)を策定し、事業継続に関する法令、国内外の指針その他規範等を遵守します

4.お問い合わせへの対応

当社の事業継続に関するお問い合わせについては、次の窓口にて承ります。

<事業継続に関するお問い合わせ窓口>
a) 事務局:管理部 加藤
b) 住所:〒571-0017 大阪府門真市四宮3丁目1番37号
c) 電話番号:072-882-2466
d) e-mail:kato@daiwashinku.co.jp

5.BCPの継続的改善

この方針を基本理念として策定するBCPについて、事業内容の変化、社会情勢及び内外から寄せられるお問い合わせの内容を十分考慮し、継続的に改善します。

制定日:2020年10月31日
代表取締役 西口 佳弘

COMPANY 10

大和真空のSDGs

大和真空は持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)を支援しています。

門真市×ダイドードリンコ×大和真空

売上の一部が門真市の子どもの貧困対策に伴う事業の為に、継続的に寄付される自販機を設置。子どもの貧困をなくす活動を支援しています。 詳しい活動内容は門真市ウェブサイトをご覧ください。

エコキャップ運動

ペットボトルキャップを集め、NPO法人エコキャップ推進協会に寄付。プラスチックゴミによる海洋汚染をなくす活動を支援しています。 詳しい活動内容はエコキャップ推進協会ウェブサイトをご覧ください。